カルカッシ完成しました

楽譜を全て自分で入力して作成しましたので、かなりの時間を要しました。
慣れているはずのカルカッシですが、予想以上に大変な作業となってしまいました。

この本の特徴は、なるだけ初級、中級の方にも弾きこなしやすい運指を丁寧につけました。
指番号、弦番号、セーハのポジションなど。
瞬間的に読めるように、ローマ数字でなくアラビア数字を用いています。
自分だけでは不安でしたので、運指に関しては、他の方にチェックもいれてもらっています。

本ができあがると、入稿までの一苦労も喜びに変わりますね。