カルカッシ完成しました

楽譜を全て自分で入力して作成しましたので、かなりの時間を要しました。
慣れているはずのカルカッシですが、予想以上に大変な作業となってしまいました。

この本の特徴は、なるだけ初級、中級の方にも弾きこなしやすい運指を丁寧につけました。
指番号、弦番号、セーハのポジションなど。
瞬間的に読めるように、ローマ数字でなくアラビア数字を用いています。
自分だけでは不安でしたので、運指に関しては、他の方にチェックもいれてもらっています。

本ができあがると、入稿までの一苦労も喜びに変わりますね。

 

カルカッシ執筆中

現在はカルカッシを執筆しています。
執筆というより、ゼロから譜面を書いて、運指をつけています。
カルカッシはすでにたくさんの本が出ているし、私もたくさん持っているので要らないと思ったのですが・・・。でも、ここはこの運指に変えたいなとか、ここはもっと指番号や弦の番号を入れておいた方が親切かなと思う箇所が多々あり、カルカッシを教室用に作ってみようという思いにいたりました。
楽譜を作成するところからやっているので、かなり大変な作業です。
ようやく現在17番まで来ました。
半分を過ぎましたので、残りがんばるのみです!

 

ヴィラ=ロボス曲集を作りました

教室の生徒向けのテキストはすでに数冊作っていましたが、自粛期間中に長年の念願だったヴィラ=ロボスのギターのための曲集を作りました。
というのは、ヴィラ=ロボスの楽譜はどの版もミスプリが多いので、それを分かる範囲で修正した楽譜を作りたいという思いからでした。
(もちろん全ては修正できませんでしたので、未だに#か♭か不明な所などは、注釈で対応しました。)

内容は下記です
*12のエチュード
*5つのプレリュード
*5つのショーロ

ヴィラ=ロボス曲集 弾きやすい運指

できるかぎり、中級者の方でも弾きやすい運指にこだわり、
指番号、弦の番号を楽譜に丁寧につけました。

エチュードはジガンテの楽譜を利用しましたが、プレリュードとショーロはすべて楽譜の作成から行いました。
見開き(2ページ以内)で完結するようにレイアウトしています。

またエチュードは横文字(アルファベット)の表現に関する指示にすべて日本語訳もつけました。

この3ヶ月をこの本に全力投球したと言っても過言ではありません。
興味ある方はお問い合わせください